東京湾釣雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009初釣り

<<   作成日時 : 2009/02/08 13:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、何とか予算を付けて2009年の初釣に行ってきました。今回は東京湾のカレイ。
初釣で初めての釣ものをやるというだけでも、無謀と言えるのにカレイ釣りを選択してしまったのは無知故でした。こんな選択をしてしまったのも、雑誌『つり情報2/15日号』の記事の所為です。


変な夢をみて寝不足のうえ、目の前でバスにはおいて行かれるし、あまり幸先が良い朝とは言えませんでした。当初の予定よりはやや遅れるも船宿に着き、同船するキャリアの長そうなオジサンに挨拶。
すると「オデコは嫌だね」と話し掛けてきました。「ホント嫌ですね。」と合わせたものの、「こんな慣れてそうな人がこんなことを…。」とても嫌な予感がしました。

30分程船は走って釣場に到着。慌ただしく二本の竿に仕掛を付けアオイソメを2本づつ垂らしてセット、投げ入れます。

さっぱり掛かりません。
かかるものといえば、同船者の仕掛ばかりで生き物は何もという状況。約2時間船中沈黙で、悪い予感は的中してました。

ようやく「移動します。竿上げて下さい。」の船頭のまちかねた一声。やれやれと皆一斉に巻き上げるなか、私の竿に重みが。ドラグを目一杯緩めていたので、暴れる魚はなかなか上がって来ません。2・3度潜られてしまいました。やがて水面に姿を見せたのは、船中初のマコガレイ。丁度40センチの良形オスでした。

その後、あちこちでぽつらぽつらあがるものの数は伸びません。
ワタシにもその後さっぱりで、ようやく2時過ぎに2枚目の32センチのオスをあげて今日は納竿となりました。
船中は17尾、竿頭は4尾だったようです。

画像


画像


家に帰って雑誌を参考にカレイを捌きます。
大きい方は刺身とアラ汁に、小さい方は煮物にしました。
活かして帰ったので、刺身はプリプリでした。
煮物の方は肉厚で食べ応えのあるものでしたが、脂が殆どなくさっぱりした物でした。
アラ汁もあっさりしていましたが、カレイの旨みがでてこれも良かったです。

画像


なお、刺身は2匹からとった大きな肝でカワハギで味をしめた肝合えにしてみました。
ワタシは少し臭みがあるので失敗だと感じましたが、妻や子供は喜んで食べていました。

そんなに数が釣れるものではないということはよく判りましたが、もうちょっと釣れないと間が持たないです。

さてさて次は何に行きましょうかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009初釣り 東京湾釣雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる