東京湾釣雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS シイラ獲り

<<   作成日時 : 2011/08/10 09:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月以来の釣行記です。実は、ここには書きませんでしたが、6月の末にシイラ狙いで出ました。本命は船中0でしたが、帰りに遭遇したサバナブラで12本釣り上げ、それをお土産にして帰ったことがありました。それ以来の久々の釣行です。
今回は、この日を前に購入したニューロッドが実戦投入初日。前回ボウズの憂さは晴らせたのか。


5時過ぎに岸を離れ、一路湾口へ向かいます。キャビンの中でうとうとしているうちに、7時近くなりポイント付近に到着。船足が落ちシイラを探します。
キャビンから出て、プラグを付けます。ニューロッドにはポッパー、もう一本にはミノーをそれぞれのスナップに通し、ニューロッドを構えて投入の許可を待ちます。
程なくナブラがあらわれ「どうぞ」のアナウンス。プラグが真夏の空の下、放物線を描いて飛んで行きます。1投目か2投目か、それとも1度か2度移動したのか定かではありませんが、ともかくも10回も投げないうちにヒット。ドラグをジリジリと鳴らしてくれるのがたまりません!
最初の一本目は、78センチのメスでした。

画像


キープして、ポッパーを投入するとまたもヒット。前回よりも強烈な引き。水面近くまであげると、周りからはメーターオーバーの声。水中に潜ろうとする相手に慎重に対処した積りでしたが、リーダーとラインの繋ぎ目で切られてプラグごと持っていかれました。
ラインシステムを作り直し、別のポッパーを装備、また投げます。このあたりからあまり記憶がなく、所謂「いっちゃった」状態になってしまったようです。
このあとポッパーで4尾をかけ、最後にミノーで1尾を追加し午後2時に納竿となりました。

画像


これは翌日にフライになった姿です。淡白な味ですが、タルタルソースで食べるととても美味いです。家族にも好評でした。なお、切り身が大きいのは私が横着したためで、決して妻が大雑把な性格のためではないことをお断りしておきます。

今年はシイラは本当に良い年に当たっているようです。悪いポイントは無いんじゃないでしょうか。また参加したいのですが、冷凍庫のシイラ在庫がなくならないと許してもらえそうもないです。

今回も同船した皆さんのおかげもあって非常に楽しい釣行でした。また、親父さんには帰りに駅まで車で送ってもらい、とても助かりました。ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シイラ獲り 東京湾釣雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる