木負釣行

前回の予告通り、ボート釣に行ってきました。いつもと同じく今回も相棒はI氏です。
またも新たなポイントを開拓すべく、沼津市の木負を目指しました。


画像
6:30頃現地着。最初に尋ねたボート屋が休みだったので、もう一軒の方で舟を借りました。なんだかんだと時間が掛かり、舟を漕いでポイントに着いた時には7:30近くになっていました。

開始直後は仕掛け二種類を試しました。一本は天秤を使った流線10号のキス仕掛けにアオイソメを長めに付けて底物を狙い、もう一本はカゴにサビキ仕掛けを吊しアジや鯖を狙いました。潮は澄み、コマセが海中に広がる様がよく見えます。が、全く魚は寄り付きません。周りを見ても様子は同じ。この日、サビキには一切魚は掛かりませんでした。

もう一方の天秤仕掛けが、今回のボートでボウズを回避させてくれました。無反応のサビキにいらいらしていた時、小さいながらも引ったくるような当たり。最初の一匹なので慎重に巻き上げると15センチ程のトラギス。その後も、メゴチ、ヒメジと底物の脇役達で数を延ばしました。

そんな小物ばかりの中、二回だけは大きな引きを楽しめました。一匹は、鈍い銀色に輝く30センチ程の謎の魚。もう一匹も30センチ程のササノハベラでした。

謎の魚をワタシはイシモチの仲間と考えましたが、I氏はシマアジの類と主張。結局、写真も取り忘れ刺身となって家族の胃袋に消えた後、webで調べてみました。いつも頼っている市場魚介類図鑑に依ると恐らくは、形、色、口の特徴からクロサギ或いはダイミョウサギのいずれかであろうと推測しています。

あと、もう一匹の大物ササノハベラはスカリに入れ損ない、意に反してリリースすることになってしまいました。
今回のI氏はといえば、3:00を沖上がりの時間と決めるとペースは俄かに上昇。カワハギ2匹とイシガキダイ1匹を立て続けに釣り上げました。

3時を回ったので舟を船着き場に戻しボート屋の親父に釣果を見せると、今日は期待薄だと言っただの、餌の選択が悪いだのと、とても愉快とは言えない聞いてもいない話を一方的にされました。結局のところ、釣れなかったのはおまえらの腕と最近の湾の状況のせいで、つまり自分のせいではないと言いたかったのと、周りに親父と同年代のギャラリーが居たため説教してやってる風を装いたかったのではと思われます。

このボート屋Kのことを「きさくな」と表現する向きもあるようですが、慇懃無礼な話し方に少なくとも我々はそんな評価は下せません。
自慢出来る大物も上げられず、ささやかな釣果ではありましたが、それなりに休日を楽しめた筈の一日を、彼のつまらぬ言い訳と虚栄心の満足の為に泥を塗られた気がして少し残念な釣行となりました。

以下メモ
日時:9/20 大潮【4/4】 7:00出船 天候:晴れ 気温:26℃超 波:穏やか、午後穏やか 
船宿:木負 金指釣具店 乗船料:3,500円
釣場:木負湾内
仕掛:流線10号天秤仕掛けなど
釣果:
■クロサギ或いはダイミョウサギ1尾
■メゴチ1尾
■トラギス4尾
■ヒメジ1尾

I氏の釣果
□イシガキダイ1尾
□カワハギ2尾
□ヒメジ1尾
□イトヒキハゼ1尾
□トラギス1尾

遠征時は荷物を本当に少なめに。狭い船内でどうにかできる物でもないので、竿2本、リールは予備も含めて3個に限定。
カワハギ仕掛けも持参したいところ。暑さに耐えつつ、汚れないようにするにはやはりエプロンか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック