戸田ボート釣~2010

約一年ぶりに西伊豆の戸田でボートを漕いで来ました。今回もI氏との釣行です。


7:30頃ボート屋に着き、岸を離れ持参した二本の竿を出し終わった頃には8:30近くなっていました。仕掛けは底物を狙ってカレイ仕掛けと、鮃も釣れると言うのでマゴチ天秤にI氏の特餌イナッコをぶら下げました。

毎度のことですが、ワタシの方に当たりは全くありません。餌も取られる事なく引きあげられます。

最初の魚はI氏に来たネンブツダイ。とりあえず魚がいたことに安堵。しかし続きません。
しばらくして、またもI氏の竿に獲物がかかっていました。平べったく褐色の魚、20センチ程のワニゴチでした。
ここでカレイ仕掛けをキス仕掛けに変更し、新しいイナッコとアオイソメを付けて下ろしました。

その時周りの鯛狙いと思しきボートをみると、ソウダガツオをリリースしています。

待望の青物が来ました。

音無しで諦めていた、マゴチ仕掛けを外し、サビキ仕掛けをセット。コマセを入れて投げ入れると、大型ではないものの明確な当たり。

あげて見ればスズメダイ。「あぶってかも」の美味さを思い出し、張り切って仕掛けを下ろします。
しかし当たりなし。

コマセを詰め直して、下ろすと程なくやや激しい引きが父の形見のオリムピックの古竿をしならせます。引きを楽しみながらこれも形見のリョービのリールを巻き上げると、フライサイズのアジが二匹。

「確変突入した?」
「そうかも」

会話も弾みます。群れが散る前に早くと、焦ります。アジを見て、I氏もコマセカゴをセットして投入。ワタシも合わせていれますが、時既に遅し。このあとアジが掛かることはありませんでした。

このあと、イナッコとイソメを付けていた底物仕掛けにやや激しい引き。前回田子のボートで猛攻を受けた、ベラかと思ってあげるとワニゴチ。
あとは、小さい鯖とネンブツダイ、サクラダイを加えただけで納竿となりました。
翌日ワニゴチを刺身にしようと捌きましたが、頭ばかりで身が少なく他の魚と共に揚げられました。

画像


まだ青物には早かったようですが、今後が楽しみです。

以下メモ
日時:6/12 大潮【2/3】 8:00出船 天候:曇り時々晴れ 気温:20℃超 波:穏やか 
船宿:戸田 貸しボートヘイワ 乗船料:4,000円
釣場:戸田湾内
仕掛:投げ仕掛け8号、サビキ仕掛けなど
釣果:
(I氏の釣果含む)
■スズメダイ1尾
■ネンブツダイ9尾(I氏の釣果含む)
■サクラダイ1尾
■ワニゴチ2尾(20cm)
■サバ1尾(15cm)
■ヒメジ1尾
■アジ2尾

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック