東京湾釣雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 納竿日

<<   作成日時 : 2009/01/04 13:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆様明けましておめでとうございます。今年も前年と同様不規則な更新となると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。


2008年の竿納めは本牧沖の防波堤で、I氏との釣行になりました。ワタシにとっては初めての「沖堤」デビューです。

最初は足場のいいところが良いだろうということで、幾つかある沖堤のなかから第一新堤を選択。夜明け前に船着き場を出た船は、横浜の夜景を横目に見ながら幾つかの沖堤を経由して目的の第一新堤に到着。

先に竿を出したI氏は、早速チビカサゴを確保。負けてはならじと急いで用意。こちらも竿入れ直後にアタリがあり、水面に顔をだしたのは同じくチビカサゴ。幸先善く捕獲かと思いきや、水面から離れた直後に痛恨のバラシ。今回は磯竿の仕掛で根魚とクロダイ、投げ竿で鰈をねらっていたのですが、これ以降数回のアタリはあるもののニ種の仕掛に針掛かりせず、辛い釣がしばらく続きました。

画像
自分の昼食も終り、坊主を確信しつつ惰性でリールを巻きいた投げ竿の仕掛に黒っぽい魚が付いています。とうとう待望の一匹の15センチ程のマハゼ。

これから頑張ろうと、一層気を入れて竿を出し続けましたが、その後はぱったり。結局、最初に決めた沖あがりの時間に引き上げました。

非常に渋い結果に終わってしまい非常に残念でしたが、経験値を上げたということで「良し」とするしかありません。

なおI氏の方は、20cm超の良形メバルと20cm程度のカサゴをそれぞれ1尾ずつとチビカサゴを3尾。こちらも渋いですが、ワタシよりはずっとましです。
2009年はもうちょっとI氏に近づけるよう腕を上げたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
納竿日 東京湾釣雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる