田子釣行

皆様明けましておめでとうございます。
本年も不定期更新ですがよろしくお願いいたします。

年末はしっかり休みを頂いたので、I氏とともに西伊豆の田子へ行って来ました。
天気にも恵まれ、伊豆半島で頻発していた地震も収まり期待していました。


まず田子の手前の漁港の小さな堤防で、生き餌にするための10センチ程度のハゼをジャリメで釣ります。
竿に次々とかかり、30分程で二人で約20匹を釣り上げ、田子での生餌の準備はできました。
ちなみにI氏が約8割を釣り上げて、小さな針にとまどいもたもたしていた私は2割程度でした。


田子は港の最奥に小さなボート屋がありました。ボートを借り、急いで漕ぎ出します。
2本竿を出し、一本はコマセカゴにサビキもう一本は天秤で底物を狙いました。水深は40mぐらいはあったでしょうか、底まで仕掛けが届くまでやや時間がかかります。

何回かコマセを補充し仕掛けを落としましたが、前回戸田でボートを出した時と同じ用にサビキには何にも掛かりません。底物用にも全く掛からず、サビキは早々に諦めビシアジ風に仕掛けを変えました。もう一本の底物の竿をチェックすると何やら小さい引き。巻き揚げると先程釣ったものと同じサビハゼ。せっかく釣ったので生き餌用のクーラーに保管し次の獲物を狙います。

これからは底物の竿にバンバン掛かる様になりました。しかし掛かるのは15センチ程度のササノハベラだけ。アオイソメを付けて落とすと、正に入れ食い。引き味は鋭いのですが、持って帰るにはサイズがちょっと足りません。また、暴れるベラの所為で生簀を固定するロープに仕掛けが絡まり次々と仕掛をロスト。すぐに飽きてしまい、餌をサビハゼに変えてみました。するとアタリはぱったり。なんだかこれ以上他の魚が釣れる気がしません。

これで午前中は終了。ボートを岸に寄せ昼食を摂ります。ここで、I氏に場所の移動を提案。I氏も快諾し、食後小さな港で竿を出しました。

天草や貝を採る小型船のための桟橋があり、近くには箱眼鏡で獲物を狙う漁師が働いていました。
水はとても澄んでいて、底まで見えます。サビキ仕掛けを落とすと、スズメダイらしき魚が餌に寄り付く様がよく見えます。

しかし続けても何にもかかりません。I氏は投げサビキという仕掛けを準備し、投げ始めました。しばらくはお互いに音無しでしたが、彼の浮きを細かく引くものがあります。「小さいな」とつぶやく彼の眼前に釣上げられたものは、青が目立つイワシの一種でした。群が寄ったのかと急いで投げますが、アタリが連続することはありませんでした。最終的にI氏は、このイワシを6匹上げ、ワタシは終了間際にネンブツダイを1匹上げただけでした。

冬至を過ぎて数日後。太陽は駆け足で消え去り、薄暗がりの中で急いで片付け、帰路につきました。
今回の釣行では、冬場は伊豆でも「渋い」のだということを思い知らされました。

以下メモ
日時:12/27 中潮【1/4】 8:00出船 天候:晴れ 気温:10℃超 波:穏やか、午後穏やか 
船宿:田子 せのはま 乗船料:3,000円
釣場:田子湾内
仕掛:流線9号天秤仕掛けなど
釣果:
■サビハゼ3尾【生餌として確保後リリース】
■小型ギンポ2尾【I氏へ譲渡】
■トラギス2尾【I氏へ譲渡】
■ベラ10尾【リリース】
■ネンブツダイ2尾【リリース】

I氏の釣果
□イワシ6尾
□キュウセン1尾

験の良いシーバス用ロッドを持参したいところだが、 今後は諦めよう。伊豆はGW以降に暖かいうちに限る。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック